第14回
 先日、三宅島で開催された自転車のイベントに参加させてもらった。三宅島に降り立ったのは初めてだ。ここは2000年の噴火で島の方々が島外各地へ避難され、その後05年に避難指示が解除になったことは記憶に新しい。火山の影響で島民の方々は大変なご苦労をされてきたと思う。

 避難解除からの復興策として、これまでの5年間でさまざまなイベントが開催されている。今回の自転車レースも帰島5周年復興記念イベントとして開催された。土曜日は島内の2.5kmのコースを一般の大人や子供たちと一緒に30kmほど走る『アースライド』というイベントで僕も皆さんと一緒に走った。この島の大自然を満喫し、のんびり楽しむことができた。

 また、翌日の本格的な自転車レースを前にすべての参加者と島民の方々が集まっての前夜祭が行われ、来島した参加者を手厚く歓迎してくれた。歌ったり笑ったり、そして島の踊りを踊ったり。皆さんとふれあいながら、翌日のレースの英気を養った。

 そして日曜はSクラスに参戦。前日にたくさんパワーをもらえたかいあって、何と優勝できた。表彰台の真ん中は本当にうれしい。実は島に着く前は調子があまりすぐれなかったので結果は期待していなかったのだが、沿道で応援して下さった島民の皆さんが背中を押してくれた。あちこちで手を振ってくれたり名前を呼んでくれたり、その距離感の近さがとてもうれしくて頑張れた。本当に感謝です。

 自然を相手に暮らしていらっしゃる島民の皆さんの思いは少なからず僕にも理解できると思っている。島にいる間中、皆さんの復興への頑張りと団結力をひしひしと感じた。できれば来年も参加させてもらって、少しでも皆さんへの応援やお手伝いができればと思っている。

 東京から距離にして180kmの別世界・三宅島。まだ火山ガスの噴出で一部規制区域はあるものの、観光スポットは安全に楽しめる。三宅村と三宅島観光協会のホームページで島の魅力をいろいろ発見できると思う。フィッシング、ダイビング、バードウオッチングのスポットとしても有名なこの島を、ぜひ一度訪れてみてはいかがだろうか。(レーシング・ドライバー&冒険家)