第122回
 当たり前のことだが、世の中うまくいくことばかりではない。いろいろなことをやっていると、成功も失敗もある。そして努力が実ることもあれば、どんなに努力してもなぜか結果がついてこないことがある。僕のチームで言えば、この前の土曜・日曜がまさにそうだった。

 うまくいったのは自転車レースチーム。土曜日に東京・お台場で開催された「東京湾岸クリテリウム」で、チームのエース辻が優勝した。周囲からは優勝候補とささやかれてはいたが、レースはやってみなければ分からない。事実、勝ったといっても楽な展開ではなかったようだ。

 なにしろ、レース中盤で痛恨の転倒。この時点で普通は勝負する権利を失うのだが、すかさずトップ集団に復帰してゴール手前のスプリントを制したのは本当に素晴らしい。僕らは自転車メーカーのワークスではないから、開幕までに準備したもので1年間を戦うしかない。そういう状況と、転倒というアクシデントを考えると、本当に人間の力でもぎ取った結果だと思う。

 逆にスーパーGT選手権の鈴鹿1000キロは、期待どおりにいかなかった。0号車はまさかのリタイアで、4号車は入賞はしたが7位だった。鈴鹿1000キロはスーパーGTの中でも長丁場の夏の祭典。そして熱に対するクルマはもちろんドライバー、そしてチームスタッフ全員の耐性が要求される過酷なレースだ。そういうわけで、チームは万全の準備をして挑んだはずだった。

 正直、ドライバーはよくやったと思う。0号車はアストンマーチンには及ばなかったが十分なスピードがあり、流れしだいで勝つことも可能だった。4号車もペースは悪くなく、他車との接触で後方に沈むアクシデントが無ければ3位だったはず。つまり、2台そろって表彰台を狙える走りだった。でも、すべてはタラレバだった。

 4号車の接触は相手に非があるのだが、だからと言って失ったポジションは誰も戻してはくれない。悔しいー。そして、0号車のトラブルは2戦連続で燃料系の問題。チャンピオン争いをする上でも本当に痛いリタイアで、王座防衛のためには何としてもこのトラブルを解決しなくてはいけない。

 結果はいろいろ。「好事魔多し」のとおり、好調だったと思ったら足をすくわれることもある。一方で苦境から好結果を手繰り寄せることもある。ただ、忘れてはいけないのは、その両方とも努力の手綱を緩めてはいけないこと。勝っても負けても自分たちのやっていることを見直して、一段と強くなりたい。おごっても腐っても負け。信念を持って物事をやり遂げよう!(Team UKYO代表)