D1GP第2戦
 ドリフトの妙技を競うD1グランプリ第2戦は26日、三重県・鈴鹿サーキットで単走ファイナルに続き、追走トーナメントを行い、単走2位の末永直登(シルビア)が決勝で斎藤太吾(マークII)を下し、鈴鹿戦初となる通算3勝目を飾った。注目されたSGT組は谷口信輝(トヨタ86)が単走18位でトーナメント進出な.....
【ログインして続きを読む】