16年目のシーズン開幕、「幸先良いスタート」
開幕戦台場「追走トーナメント」
スモークを上げながらドリフトする斎藤のマシン(カメラ=明村馨)
スモークを上げながらドリフトする斎藤のマシン(カメラ=明村馨)
 ドリフトを競うD1グランプリの16年目シーズン開幕戦「追走トーナメント」が26日、東京・台場NOP地区の特設コースで行われ、斎藤太吾(36)=トヨタ・マークII=が制した。決勝は昨年の王者・川畑真人(38)=ニッサンGT−R=との対戦になったが、昨年ランク2位だった斎藤が競り勝った。

 斎藤は.....
【ログインして続きを読む】