チームの母体となるトヨタ車体の増井敬二社長(64)がダカールラリーに挑戦する意義を力説した。「世界一過酷なダカールラリーに、市販車クラスでの参戦に強いこだわりを持ち、1995年の初参戦以来挑戦を続けてきた」。生産するランドクルーザーは過酷な条件で使用されるため「命を支える車」の思いが強く、ダカー.....
【ログインして続きを読む】