1号車のラビエルがダカール史上初めて1カ国で開催される今大会の特徴を説明した。「2日目から砂丘が予想され、終盤にはとても軟らかい砂のステージがありそう。どこが勝負所か、終わってみないと分からない」。総走行距離が約5500キロで、競技区間(SS)も3000キロ足らずで例年よりも短いが、70%以上が.....
【ログインして続きを読む】