世界評議会出席狙う
崩壊寸前といわれるGPDAを救おうと奔走しているクルサード
崩壊寸前といわれるGPDAを救おうと奔走しているクルサード
 消滅危機といわれるGPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)が週明けの29日にフランス・パリで行われるモータースポーツ世界評議会に、代表を送り込もうという動きをみせている。

 レッドブルのD・クルサードが中心となり、ドライバーの意見をまとめており、“おれきれき”にその意見を聞いても.....
【ログインして続きを読む】