事故死から9年目
安全対策は飛躍的に向上
コース脇にたたずむセナの銅像には献花が絶えない(カメラ=岡本宏)
コース脇にたたずむセナの銅像には献花が絶えない(カメラ=岡本宏)
 F1第4戦サンマリノGP(20日決勝)は18日、イタリアのイモラ・サーキットで開幕するが、音速の貴公子と呼ばれた故A・セナが、94年に当地で激突死してから今年で9年目を迎える。事故のあったタンブレロ(現在はシケイン区間)のコースサイドに建立された銅像には今も献花が絶えない。

 現在もセナの事故.....
【ログインして続きを読む】