ライコネンは間一髪危機回避
「今宮純の目」第12戦ドイツGP予選編
厳しい表情を浮かべるライコネン(カメラ=林泰史)
厳しい表情を浮かべるライコネン(カメラ=林泰史)
 【ホッケンハイム・リンク(ドイツ)今宮純】ライコネンが今季4度目のポールポジション(PP)を決めたもののモントヤが最後の最後でビッグ・スピン。マクラーレンのフロントロー独占はならなかった。一方のルノー勢はアロンソとフィジケラがしっかり3、4番手。追う側のマクラーレンにとっては2人そろって大量得点.....
【ログインして続きを読む】