アロンソが執念の2位〜琢磨は悔しい9位
第14戦トルコGP決勝
優勝し表彰台でカップを掲げるライコネン(中央)。左は2位のアロンソ。右は3位のモントヤ(カメラ=河口貞史)
優勝し表彰台でカップを掲げるライコネン(中央)。左は2位のアロンソ。右は3位のモントヤ(カメラ=河口貞史)
 【イスタンブール・パーク・サーキット(トルコ)田村尚之、ニキ・タケダ】第14戦トルコGPは21日、当地で決勝を行い、マクラーレンのキミ・ライコネン(25)がポールポジション(PP)から逃げ切り、連勝で今季5勝目を挙げた。2位にはルノーのフェルナンド・アロンソ(24)が入り、その差はわずかに2ポイ.....
【ログインして続きを読む】