周辺住民の騒音訴訟
裁判所は消音装置義務付け通告
05年のイタリアGP。騒音問題で来季の開催が危機にひんしている(資料)
05年のイタリアGP。騒音問題で来季の開催が危機にひんしている(資料)
 【ミラノ(イタリア)ロイター】モンツァのF1イタリアGP開催が危機にひんしている。イタリアの裁判所が今週初め、F1を行うには消音装置を義務づけるとモンツァに対して通告したからだ。

 モンツァ近郊の小さな町、ビアッソノの住民の訴えを認めたもので、住民はモンツァで行われるレースの騒音で耐え難い苦痛.....
【ログインして続きを読む】