ハイドフェルトがシェークダウン
初期トラブルもなし
発表に続き、シェークダウン・テストを行ったBMWザウバーの新マシン「F1.06」。初期トラブルも見られなかった(AP)
発表に続き、シェークダウン・テストを行ったBMWザウバーの新マシン「F1.06」。初期トラブルも見られなかった(AP)
 【バレンシア(スペイン)ニキ・タケダ】17日に新車F1.06を発表したBMWザウバーは同日、当地でシェークダウン・テストを行った。

 N・ハイドフェルトがステアリングを握って29周をこなし、1分13秒430をマークした。新車につきものの初期トラブルも特になく、実に順調で、ハイドフェルトは「初走.....
【ログインして続きを読む】