スーパーアグリは入り口側
日本GPのピット・レイアウト発表
鈴鹿のピットはタイトルを争うルノー、フェラーリが1コーナー寄り、スーパーアグリはピットの入り口側となった(資料)
鈴鹿のピットはタイトルを争うルノー、フェラーリが1コーナー寄り、スーパーアグリはピットの入り口側となった(資料)
 国際自動車連盟(FIA)は26日、F1第17戦日本GPに出場するチームのピット・レイアウトを発表した。タイトルを争うルノー、フェラーリは1コーナー寄り(出口側)になり、ルーキー・チームのスーパーアグリが入り口に近い位置となった。