68年以来の“オールホンダ”マシン〜バリチェロも絶賛
バトン初ドライブもマシン・トラブルでストップ
まだカラーリングされていない黒白マシンだが、タイトル争いの能力を秘めているRA107【右上は】技術説明会を開いたホンダ。(右から)バリチェロ、バトン、フライ、中本、エッケラート、フェラン(カメラすべて=G・キャンベル)
まだカラーリングされていない黒白マシンだが、タイトル争いの能力を秘めているRA107【右上は】技術説明会を開いたホンダ。(右から)バリチェロ、バトン、フライ、中本、エッケラート、フェラン(カメラすべて=G・キャンベル)
 【バルセロナ(スペイン)ニキ・タケダ】ホンダは25日、当地で2007年シーズンの新車「RA107」に関する技術説明会を開いた。ニック・フライ代表は07年のニューマシンを評し、1968年以来となる“オールホンダのマシン”と強調。前日の24日に新車で初走行したルーベンス・バリチェロも格段の進化を実感.....
【ログインして続きを読む】