ドライバーはおとがめなし
スパイ事件でWMSC公聴会
来シーズン全戦出場停止の“極刑”は免れたものの、渋い表情で評議会をあとにするマクラーレンのロン・デニス代表(中)(AP)
来シーズン全戦出場停止の“極刑”は免れたものの、渋い表情で評議会をあとにするマクラーレンのロン・デニス代表(中)(AP)
 【スパ・フランコルシャン(ベルギー)田村尚之、ニキ・タケダ】国際自動車連盟(FIA)モータースポーツ世界評議会(WMSC)は13日、パリのFIA本部でマクラーレンのスパイ事件についての公聴会を行い、罰金1億ドル(約114億円)、今季のコンストラクターズ・ポイントはく奪の裁定をくだした。公聴会は大.....
【ログインして続きを読む】