来季参戦に青信号〜FIAも事件に終止符
跳ね馬は調査継続
9月にパリで行なわれたFIAモータースポーツ評議会で“有罪”を言い渡されたマクラーレンのR・デニス代表。ここへきて、ついにギブアップだ(AP)
9月にパリで行なわれたFIAモータースポーツ評議会で“有罪”を言い渡されたマクラーレンのR・デニス代表。ここへきて、ついにギブアップだ(AP)
 マクラーレンは13日、フェラーリの車両情報を所持していたスパイ疑惑に関して全面的に非を認める声明を発表し、国際自動車連盟(FIA)と世界評議会メンバー、フェラーリなどの関係者に謝罪の意を表した。これを受けたFIAは来季用の同チームの車両を再検証する世界評議会の開催を中止する声明を出した。これまで.....
【ログインして続きを読む】