風洞制限も1年間棚上げ〜スリック・タイヤは来年から導入
「F1委員会」で決定
マクラーレンの新車MP4−23に搭載されるメルセデス・ベンツの「FO108V」エンジン。開発凍結は10年から5年に短縮された(カメラ=xpb)
マクラーレンの新車MP4−23に搭載されるメルセデス・ベンツの「FO108V」エンジン。開発凍結は10年から5年に短縮された(カメラ=xpb)
 【パリ(フランス)国際電話】F1全11チームの代表らが集まる「F1委員会」は11日、当地で開催。昨年12月に世界モータースポーツ評議会で承認された今年から10年間のエンジン開発凍結が、2012年までの5年間に短縮された。また各チームのコスト削減を目的とした風洞施設の稼働制限も、今季に関しては適用.....
【ログインして続きを読む】