「節約」するためにばく大な「出費」〜ルノーTDが語る苦労
「カミュが斬る」
KERS搭載のために軽量化されたルノーの新車R29。ギア・ボックスなどに高価な素材を使用し、結局コストは高くなった(AP)
KERS搭載のために軽量化されたルノーの新車R29。ギア・ボックスなどに高価な素材を使用し、結局コストは高くなった(AP)
 何カ月も前から、フラビオ・ブリアトーレ(ルノー監督)はマックス・モズレー国際自動車連盟(FIA)会長の使節のような役割を務めている。F1のコスト削減、可能なかぎりの技術のスタンダード化、あれやこれやの禁止……そしてもちろん、KERSの採用に関しても然りだ。BMWを除けば今では誰も、モズレー自身さ.....
【ログインして続きを読む】