新車開発に大きく貢献〜アジア&欧州GP2のダブル制覇狙う
2009年トヨタ・モータースポーツ活動発表会
マシンに腰かけて必勝を誓う(左から)グロック、山科代表、可夢偉=東京都江東区青海のメガウェブで(カメラ=朝倉豊)
マシンに腰かけて必勝を誓う(左から)グロック、山科代表、可夢偉=東京都江東区青海のメガウェブで(カメラ=朝倉豊)
 トヨタのサード・ドライバーの小林可夢偉は新車のシェークダウン(初走行)を担当。合同テストでも初陣を飾るなど、クルマの開発に大きく貢献した。16日、都内で行われた09年トヨタ・モータースポーツ活動発表会の席上、「TF109は初めて乗った5周目ぐらいから、簡単にタイムが出た。こういうのがいいクルマな.....
【ログインして続きを読む】