縁石を低くするなど安全性向上
08年オーストラリアGPでアルバートパークを疾走するライコネン。今年は安全性向上ため、コース改修が行われた(AP)
08年オーストラリアGPでアルバートパークを疾走するライコネン。今年は安全性向上ため、コース改修が行われた(AP)
 【メルボルン(オーストラリア)L・バスコンセロス】今季開幕戦が行われるアルバートパークの6コーナー、12コーナーに改修工事が施された。昨年の開幕戦ではトヨタのT・グロックが12コーナー出口でスピン、縁石にヒットしてマシンが宙を舞い、コース中に破片をまき散らす危険な事態を招いた。

 安全性に疑問.....
【ログインして続きを読む】