ハートリーに替えてアルグエルスワリ起用
経験シェアが目的
 レッドブルF1は1日、リザーブ・ドライバーの変更を発表した。第9戦ドイツGP(12日決勝)からレッドブルとトロロッソのリザーブ・ドライバーを、B・ハートリーからJ・アルグエルスワリに代えるもの。共にレッドブルの若手育成プログラムに組み込まれており、経験をシェアすることが目的という。