第8回口頭弁論
 2007年に開催されたF1日本GPで、ずさんな運営により精神的な苦痛を受けたなどとして観客109人が富士スピードウェイ(静岡県・小山町)に損害賠償を求めた訴訟の第8回口頭弁論が16日、東京地裁(中村也寸志裁判長)で開かれた。

 原告側は3日に富士スピードウェイを訪れ、運営面などの資料を精査。.....
【ログインして続きを読む】