ドイツGPでのペナルティーへ異議申し立て
20日にも裁定
公聴会出席のためにFIA本部に入るラルフ。多くの取材陣に囲まれたが、ノーコメントを通した(カメラ=AP)
公聴会出席のためにFIA本部に入るラルフ。多くの取材陣に囲まれたが、ノーコメントを通した(カメラ=AP)
 第12戦ドイツGP決勝(3日)の事故でペナルティーを科せられたウィリアムズとR・シューマッハーの異議申し立てに関する公聴会が19日、フランス・パリの国際自動車連盟(FIA)本部で始まった。ラルフはスタート直後にR・バリチェロ(フェラーリ)、K・ライコネン(マクラーレン)と絡んだ事故の原因を作った.....
【ログインして続きを読む】