審査委に召喚
ドイツGP多重クラッシュで新証拠
審査委員会にライコネンとともに召還されることになったバリチェロ
審査委員会にライコネンとともに召還されることになったバリチェロ
 国際自動車連盟(FIA)は22日、第12戦ドイツGP(3日決勝、ホッケンハイム)の決勝で接触事故を起こしたR・シューマッハー(ウィリアムズ)がグリッド降格処分から一転、罰金だけに“減刑”されたことを受けて再び審査委員会を開くことを決め、R・バリチェロ(フェラーリ)、K・ライコネン(マクラーレン).....
【ログインして続きを読む】