スピン喫しQ3逸す〜山科代表設定の合格ライン突破
第16戦ブラジルGP予選
ミスでQ3進出は逃したものの課題はクリア。表情も緩む可夢偉(中)と山科代表(右)(カメラ=松本浩明/F1速報)
ミスでQ3進出は逃したものの課題はクリア。表情も緩む可夢偉(中)と山科代表(右)(カメラ=松本浩明/F1速報)
 【インテルラゴス・サーキット(ブラジル・サンパウロ)今宮純、L・バスコンセロス、S・ナシメント】F1第16戦ブラジルGPは17日、当地で第2日のセッションを行ったが、小林可夢偉(トヨタ)にとっては悔しさと喜び半々のF1予選デビューとなった。予選直前のフリー走行が大雨と赤旗で短縮され、12分間にと.....
【ログインして続きを読む】