定例会見前に謝罪&状況説明
第17戦は22日開幕
【右上】会見を行ない、建設の遅れを謝罪したKAVOのチャンCEO(左)。右はパク・ジュンヨン全羅南道知事(カメラ=松本浩明)【中上】最後の追い込み! なんとか開催にこぎつけた(同)【左上】自転車でコースチェックするアロンソら(AP)【左下】はい、ベッテルはここね(同)【中下】サーキットを下見するコバライネンらの脇でコース清掃も大忙し(同)【右下】サーキット入りしたバトン(左)と道端ジェシカ(同)
【右上】会見を行ない、建設の遅れを謝罪したKAVOのチャンCEO(左)。右はパク・ジュンヨン全羅南道知事(カメラ=松本浩明)【中上】最後の追い込み! なんとか開催にこぎつけた(同)【左上】自転車でコースチェックするアロンソら(AP)【左下】はい、ベッテルはここね(同)【中下】サーキットを下見するコバライネンらの脇でコース清掃も大忙し(同)【右下】サーキット入りしたバトン(左)と道端ジェシカ(同)
 【コリア・インターナショナル・サーキット(韓国)今宮純、L・バスコンセロス】直前まで開催が不安視された韓国GP(第17戦、24日決勝)が何とか初のF1グランプリを迎えられそうな状況となった。つい2週間前に最後のアスファルト舗装を終えたばかりのコースは黒光りし、重機が稼働する建設中の付帯設備とのコ.....
【ログインして続きを読む】