サーキット建設の遅れや運営の不備が理由
任を解かれたチョン氏
任を解かれたチョン氏
 F1韓国GPを運営するコリア・オート・バレー・オペレーション(KAVO)が14日、臨時株主総会を開き、GP運営責任者のチョン・ヨンジュ代表取締役兼CEO(50)を解任、後任に元スイス大使のパク・ウォンファ氏(60)を指名した。聯合ニュース、朝鮮日報など複数の韓国メディアが伝えた。KAVOは同日、.....
【ログインして続きを読む】