開幕戦の失格裁定受け入れ
パーツ検査過程でミス〜羽の湾曲が規定外
矢印の部分がレギュレーション違反を指摘された「C30」のリア・ウイング(AP)
矢印の部分がレギュレーション違反を指摘された「C30」のリア・ウイング(AP)
 ザウバーF1チームは29日、開幕戦オーストラリアGP決勝(27日)で車両規定違反により失格となった件に関し、提訴しないことを発表した。レース後車検で8位の小林可夢偉(24)、7位のセルジオ・ペレス(21)のリア・ウイングに規定違反が発覚。裁定に不服だったチームは国際自動車連盟(FIA)の国際控訴.....
【ログインして続きを読む】