開幕からの不振で引責
フライ氏がシャシー担当D就任
 フェラーリは24日、アルド・コスタ氏がテクニカル・ディレクター(TD)のポジションを離れ、新たな要職に就くと発表した。開幕から大不振が続く責任を取った形だ。

 同時に技術部門の再構築を行い、チーフ・レース・エンジニアだったパット・フライ氏がシャシー担当ディレクターに就任。生産管理部門のコラード.....
【ログインして続きを読む】