バトンが2位〜可夢偉は14位
第14戦シンガポールGP決勝速報
危なげない走りで快勝したベッテル(右)。シャンパンファイトで僚友ウェーバー(左)と喜びを分かち合った(AP)
危なげない走りで快勝したベッテル(右)。シャンパンファイトで僚友ウェーバー(左)と喜びを分かち合った(AP)
 ベッテルが快勝――。2011年F1シリーズ第14戦シンガポールGPは25日、マリーナ・ベイ・サーキットで決勝を行い、S・ベッテル(レッドブル)が61周/1時間59分06秒757で優勝、3戦連続ポール・トゥ・ウインで今シーズン9勝目、通算19勝目をあげた。晴れ、最高で気温32度、路面温度34度とい.....
【ログインして続きを読む】