ソフト以外のコンパウンド開発にも力
2012年用の発表会
会見するピレリの(右から)P・ヘンブリー氏、M・T・プロベラ社長、M・ボイオッキ技術担当役員。12年のニュータイヤは(右から)レイン、インターミディエイト、ハード、ミディアム、ソフト、スーパーソフト(カメラ=赤井邦彦)
会見するピレリの(右から)P・ヘンブリー氏、M・T・プロベラ社長、M・ボイオッキ技術担当役員。12年のニュータイヤは(右から)レイン、インターミディエイト、ハード、ミディアム、ソフト、スーパーソフト(カメラ=赤井邦彦)
 【アブダビ=赤井邦彦】イタリアのタイヤ・メーカー「ピレリ」は25日、当地のヤス・マリーナ・サーキットで2012年のF1タイヤの発表会を行った。同社によると、今年のF1は以前にも増して接戦が期待できるコンパウンドの投入に踏み切ったという。

 ピレリは今年も4種類のドライ・コンパウンドを用意する。.....
【ログインして続きを読む】