「MP4−27」は気流を最大限生かす
F1ニューマシン比較(上)−2
【上】ライバル勢とは異なり、ノーズ形状が滑らかなMP4−27。独自の空力で勝負か(AP)【下】サイドポッドから後方にかけてはまだ発展途上か(カメラ=松本浩明)
【上】ライバル勢とは異なり、ノーズ形状が滑らかなMP4−27。独自の空力で勝負か(AP)【下】サイドポッドから後方にかけてはまだ発展途上か(カメラ=松本浩明)
 マクラーレンの新車は、他チームの多くが採用した段差ノーズを選択しなかった。テクニカル・ディレクターのパディ・ロウ氏が語ったところによると、理想的なサスペンション形状が損なわれないことを確認し、従来のような滑らかなノーズ形状を採用したという。

 しかしこれは車体の下を流れる空気流の量が減ることも.....
【ログインして続きを読む】