運営側は成功を強調〜来年以降の続行をアピール
第4戦バーレーンGP決勝
 民主化運動の激化で2年連続のキャンセルも心配されたF1バーレーンGPが22日、無事終了した。予選日の21日には、抗議デモに参加していた男性(36)の死亡が判明するなど、不穏な空気も漂っていたが、国際自動車連盟(FIA)のJ・トッド会長は「国内の少数派が起こしているにすぎない」と決勝を断行した。た.....
【ログインして続きを読む】