5月末肘に補助器具を入れ腕の機能が向上
大けがからの復帰目指しリハビリ続ける
 昨年2月にラリー中の大事故で大けがを負ったR・クビサが、5月末に肘の手術を受けていたことが明らかになった。伊メディアが報じたもので、二つの補助器具を入れたことで腕の機能が良くなるという。執刀した医師の話によると、今回の手術でステアリングホイールの操作ができるようになるという。クビサは右腕切断の可.....
【ログインして続きを読む】