94年故セナ選手の事故現場に立ち会う
84歳、死因などは不明
GPに帯同したワトキンス博士。数多くのドライバーがその治療で一命を取り留めた(FIA提供)
GPに帯同したワトキンス博士。数多くのドライバーがその治療で一命を取り留めた(FIA提供)
 F1の医療および安全部門を率いたシド・ワトキンス博士が12日午後、死去した。死因などの詳細は不明ながら、家族が認めたという。84歳を迎えたばかりだった。

 ワトキンス博士は1978年から2005年までF1ドクターとしてGPに帯同し、事故などでドライバーが負傷した場合は現場に駆けつけ救急医療を行.....
【ログインして続きを読む】