1周目接触→ペナルティ→16周リタイア〜バトンに申し訳ない
第16戦韓国GP決勝
踏んだり蹴ったりの一戦となってしまった可夢偉(AP)
踏んだり蹴ったりの一戦となってしまった可夢偉(AP)
 【韓国インターナショナルサーキット(韓国)今宮純、L・バスコンセロス】F1第16戦韓国GPは14日、当地で決勝を行い、13番手スタートからの上位進出を思い描いていた小林可夢偉(ザウバー)だが、スタート直後の大混乱に巻き込まれ、ドライブスルーペナルティーを科せられたうえに、マシンのダメージが大きく.....
【ログインして続きを読む】