「もうウィリアムズのディレクターではない」
今年1月からメルセデスの執行役員に就任
 F1メルセデスの執行役員を務めるトト・ウルフ氏が、現在所有しているウィリアムズの株式を売却する意向を明らかにした。「たとえ運営上対立はしていなくても、私はメルセデスのディレクターになっており、もうウィリアムズのディレクターではない。この状況は良い影響を及ぼさないだろう」と中国GP(14日決勝)で.....
【ログインして続きを読む】