見積もり38億円の大改修&開催権料9億円値上げ
エクレストン代表の法外な要求で契約延長交渉が難航を極めている(AP)
エクレストン代表の法外な要求で契約延長交渉が難航を極めている(AP)
 2014年で開催契約の期限を迎えるF1カナダGPの契約延長交渉が、難航を極めている。F1の商業権を取り仕切るF1管理会社(FOM)のバーニー・エクレストン代表(82)は開催権料の値上げに加え、約38億円と見積もられるサーキットの大改修を要求しているためだ。しかしカナダ連邦政府は多くの出費を強いる.....
【ログインして続きを読む】