カーボンチューブ構造の新システム
 国際自動車連盟(FIA)は24日、2014年に導入されるF1車両の側面衝撃緩和装置が強化されることを明らかにした。自動車雑誌記者の質問に対し、研究コンサルタントのアンディ・メラー氏が答えたもの。現在の衝撃緩和材はボディー側面に装着されているが、衝撃時に折れる可能性があるため、新しいシステムはカー.....
【ログインして続きを読む】