パワートレイン供給契約を締結
コスワースが供給を断念
J・ビアンキがドライブする「MR02」。弱小チームのマルシャがフェラーリの“心臓”を得て飛躍を目指すことになった(マルシャ提供)
J・ビアンキがドライブする「MR02」。弱小チームのマルシャがフェラーリの“心臓”を得て飛躍を目指すことになった(マルシャ提供)
 マルシャF1チームは16日、フェラーリと2014年からのエンジンなどのパワートレイン供給契約を結んだと発表した。詳細な契約期間は明らかにしていないが、「長期間」としている。F1は来年から1.6リットルのV型6気筒直噴ターボエンジンとエネルギー回生システムを組み合わせた新しいパワートレインに変更さ.....
【ログインして続きを読む】