F1の持ち株会社のデルタ・トプコは16日、同社を率いるB・エクレストンさんが取締役を退任したと発表した。今後も日常の業務はこなしていくとしているが、契約など重要事項はP・ブラベック−レッツマット会長とD・マッケンジー副会長の承諾が必要となる。

 エクレストンさんは06年のF1株売却に絡み、ドイ.....
【ログインして続きを読む】