F1第4戦中国GP 第1日
タイヤのデグラデーションレベルに手ごたえを感じている可夢偉。あくまで見据えるのは決勝だ(C)ケータハムF1チーム
タイヤのデグラデーションレベルに手ごたえを感じている可夢偉。あくまで見据えるのは決勝だ(C)ケータハムF1チーム
 F1第4戦中国GPが18日、上海インターナショナルサーキットで開幕。2回のフリー走行を行ない、日本の小林可夢偉(ケータハム)は17&21番手につけた。最初のセッションではタイヤ、2回目もトラブルを抱え、思うような走りができなかった可夢偉。しかしロングランやタイヤのデグラデーションへの手ごたえは感.....
【ログインして続きを読む】