民事上の責任を問われる可能性も
 2005年のF1株式買収で損害を被ったと主張するドイツのバイエルン州立銀行は8日、B・エクレストンさんから提示された2500万ユーロ(約34億円)の和解案を拒否したと明らかにした。同銀行は、F1の商業権を一手に握るエクレストンさんが株式売買の際に不正に手数料を受け取ったうえ、株式の値段を不当に低.....
【ログインして続きを読む】