第14戦シンガポールGP決勝
苦闘の末、2位に入り表彰台でトロフィーを掲げるベッテル(AP)
苦闘の末、2位に入り表彰台でトロフィーを掲げるベッテル(AP)
 【マリーナベイ市街地コース(シンガポール)柴田久仁夫】F1第14戦シンガポールGPは21日、当地で決勝を行い、今季ベストの2位に入ったS・ベッテル(レッドブル)だが、ちょっぴり複雑だ。「いいスタートを切れてダニエル(リカルド)をパスできたが、セーフティーカー(SC)が僕らには最悪のタイミングで入.....
【ログインして続きを読む】