第14戦シンガポールGP決勝
マシントラブルでスタートも切れず戦列を去った可夢偉はトボトボとガレージに戻ってきた(カメラ=柴田久仁夫)
マシントラブルでスタートも切れず戦列を去った可夢偉はトボトボとガレージに戻ってきた(カメラ=柴田久仁夫)
 【マリーナベイ市街地コース(シンガポール)柴田久仁夫】小林可夢偉(ケータハム)のシンガポールGP(21日決勝)はあっけなく終わった。「フォーメーションラップでエンジンパワーがなくなり、煙が出て、ブレーキもなくなったのでクルマを止めました」とスタートすら切れなかった。車体調整を大きく変更した予選で.....
【ログインして続きを読む】