「まだ狩りの真っ最中」
第14戦シンガポールGP決勝
いったんはトップを奪われたベッテルをすぐさま逆転、“横綱相撲”で勝利をつかんだ(AP)
いったんはトップを奪われたベッテルをすぐさま逆転、“横綱相撲”で勝利をつかんだ(AP)
 【マリーナベイ市街地コース(シンガポール)柴田久仁夫】F1第14戦シンガポールGPは21日、当地で決勝を行い、ポールポジション(PP)からスタートしたルイス・ハミルトン(29)=メルセデス=が、いったんはトップを明け渡すも逆転の2連勝で今季7勝目(通算29勝目)。途中リタイアの同僚ニコ・ロズベル.....
【ログインして続きを読む】