ロズベルグ2位、可夢偉はリタイア
第16戦ロシアGP決勝
連勝を飾り、チームのコンストラクターズタイトル獲得に貢献したハミルトン(右)。プレゼンターにはプーチン大統領(手前)が駆けつけ、ドライバーらは恐縮しきり(AP)
連勝を飾り、チームのコンストラクターズタイトル獲得に貢献したハミルトン(右)。プレゼンターにはプーチン大統領(手前)が駆けつけ、ドライバーらは恐縮しきり(AP)
 2014年F1第16戦ロシアGPは12日、ソチサーキット(5.848km)で決勝を行ない、L・ハミルトン(メルセデス)が53周/1時間31分50秒744で今季9勝目(通算31勝目)を上げて、ロシアGPの初代ウイナーに輝いた。N・ロズベルグも13秒657差の2位に入り、メルセデスが初のコンストラク.....
【ログインして続きを読む】