第16戦ロシアGPリタイア“問題”
 ケータハムF1チームは15日、M・ラベット代表のQ&Aを発表し、第16戦ロシアGP(12日決勝)でリタイアした小林可夢偉を口撃した。「実は可夢偉のコメントを聞いて驚いている。走行状態の安全性に関することはチームが管理するもの。ブレーキの潜在的な問題を発見し、危険を避ける決断を下しただけだ」とラベ.....
【ログインして続きを読む】