意識ないが自発呼吸〜家族が声明
「日本の医療チームに感謝」
 F1日本GP(10月5日決勝)の事故で頭部に深刻なダメージを負ったジュール・ビアンキ選手(25)の家族が19日、同選手が事故以来入院していた三重県立総合医療センター(四日市)から、自宅のあるフランスのニース大学医療センターに転院したことを明らかにした。「鈴鹿での事故から7週間ほどがたち、ジュール.....
【ログインして続きを読む】