マレーシアGPの主催者はこのほど、セパン・インターナショナル・サーキットでのF1開催契約を2018年まで延長したことを発表した。アジアでは日本GPに次いで2番目のグランプリとして1999年に始まり、今年が契約最終年だった。同国営石油企業のペトロナスが引き続きタイトルスポンサーを務める。